音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでの歴史を紹介!

宇髄天元 音柱 過去 鬼滅隊 宇髄天元
Pocket

今回は音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!

そして父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介していきます!

鬼殺隊の柱として活躍する宇髄天元は鬼となった竈門禰豆子の処遇を巡って裁判(柱合会議)が開かれる際に初めて登場しました。

裁判では「派手」という言葉を多用し派手な服装や派手な言葉などを好きな面が垣間見えます。

柱は鬼殺隊の頂点に君臨する剣士のことを指し、彼は音柱として2本の刀で鬼を滅殺しています。

そんな宇髄天元の過去について徹底的に調べてみました。

では早速、音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!

そして父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介していきます!

 

スポンサーリンク

音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!

早速時系列に宇髄天元の過去を探してみました!

すると宇髄天元は壮絶な過去、物凄い葛藤の中で生きてきたことが分かりました。

忍からどういう経緯で鬼滅隊に入ったのでしょうか?

ド派手なイメージが強いですがその裏にある優しさを感じる場面が多くあります。

そんなこんなで宇髄天元の過去から鬼滅隊に入るまで紹介していきます!

 

壮絶な忍の家系に生まれる

【出典:鬼滅の刃公式ファンブック・鬼殺隊見聞録より】

この家系図を見ると宇髄天元は9人兄妹だったのが分かりますね。

大家族ですよ!

そんな中、宇髄天元が生まれ育った宇髄一族はとてつもなく厳しい生き方を強いられていたのです。

まず3人が過酷な修業で死んでしまったのです。

そして残った6人はお父さんの命令で顔を隠して家族同士で殺し合いをさせられました。

宇髄天元は2人の兄弟を殺した時にお父さんの策略に気づきました。

あまりにも辛い過去があったのです。

また3人の嫁とは忍時代に出逢っていて結婚したのは宇髄の意志じゃなかったようです!

 

音柱・宇髄天元の父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介!

ここからは音柱・宇髄天元の忍時代の父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介していきます!

<<宇髄天元の基本情報はこちら!!

 

非情な父親と弟に賛同出来ず忍の世界を抜ける

【出典:漫画・鬼滅の刃10巻87話より】

そうした壮絶な殺し合いで生き残ったのはお父さんと同じように非情な弟だけ。

この弟は2人の兄弟を殺した事に何も感じていなかったのです。

つまり宇髄一族は「優秀な人間以外は生き残れないから死んでもらう」って考えがあるんですね。

忍って冷静に任務遂行するイメージがあってこういう人間じゃないと生き残れないのかもしれませんね。

【出典:漫画・鬼滅の刃10巻87話より】

弟は宇髄と戦おうとしましたが宇髄天元は戦わないで3人の嫁を連れて忍の里を抜けました。

宇髄天元は非情な環境、忍としての生き方に嫌になったから3人の嫁を連れて忍の世界を抜けたのではないかと考察できます。

<<宇髄天元の呼吸の記事はこちら!!

 

鬼滅隊に入隊した時期は明かされていない

宇髄が鬼殺隊に入隊した時期は原作では明かされていません。

でも予測する事は出来ます!

忍を抜けた後にお館様と出逢ってますからね。

そのタイミングで鬼殺隊に入隊したと考えられます。

【出典:漫画・鬼滅の刃10巻87話より】

3人の嫁も一緒に入隊してますね

<<宇髄天元の名言集はこちら!!

 

忍の世界で育んだ才能と共に鬼滅隊で成り上がる

そんなこんなで鬼殺隊に入った宇髄はド派手に生きる事を大切にしながらもドンドン戦果を挙げました!

派手さにこだわる一方で、冷静に状況を見極め的確な判断で任務に臨むなど、忍としての心得を十全に発揮して戦果を挙げた。

【出典:鬼滅の刃公式ファンブック・鬼殺隊見聞録より】

あなたがちょっとでも鬼滅の刃を好きになってくれたらとても嬉しいです! 
<<宇髄天元の声優の記事はこちら!!

音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介!まとめ

今回は音柱・宇髄天元の忍時代の過去がヤバい!

そして父や弟との確執から鬼殺隊に入るまでまでの歴史を紹介していきました!

あんなに自信満々に生きてる宇髄天元でも辛く落ち込む時があったのですね。

忍の世界では「命を捨てるのは当たり前!そんな甘い考えじゃすぐ死んだぞ!」って感じでずっと葛藤してたのかもしれない。

でも思い切って忍の世界を抜けて自分の意志で生きると決めた。

一族の考えを改めて「命を大切にする」という素敵な考えに変えて。

そうして宇髄天元はド派手に生き様を貫いているんですね。

そんな宇髄天元の活躍に今後もとても楽しみですね!

<<宇髄天元が柱を辞める理由の記事はこちら!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました